月別アーカイブ: 2013年10月

4歳までに

脳科学の研究で、4歳までに我慢することを覚えた子供は、学校の成績が良いことが分かりました。

きちんと順番を待ったり、電車の中でおとなしくしたりは、我慢に当たるわけです。

自分がすぐにやりたい気持ちや騒ぎたい気持ちを抑えなければならないからです。

この我慢が自己管理能力を育むのです。

勉強は、遊びたい気持ちを抑えないと出来ませんね。

テストの前などは辛い時がありますね。

なんでこんなに辛い思いをして勉強するんだろうと感じる優等生は、多いはずです。

辛い思いをしないで、良い点数は採れません。

そこで、自己管理の能力が問われるのです。

子供をきちんと躾ければ、成績も良くなりそうですね。

センター試験の廃止の理由

センター試験の廃止が検討されています。

理由は、一回だけなので、失敗するリスクが高いことだそうです。

一般受験が3回くらい受験する機会があるのに、センター試験は一回しかないのが問題になったようです。

昔は受験は一回だけでした。

その一回のために頑張るのが当たり前でした。

ところが、大学の数が増えたのに、受験生の数はそんなに増えないので、大学は受験の回数を増やすことで収入を確保するようになったのです。

受験生にとってもチャンスが多くなり、歓迎されたのです。

受験料が何度も掛かり、親の負担は大変になりましたが。

これからは、国立大学の受験回数も増えるのでしょう。

受験生にとって良いことでも、経済的には大変になりますね。